【比較】Pythonのおすすめスクール(無料&オンラインあり)

このサイトではPythonを学ぶのに、おすすめのプログラミングスクールを紹介しています!

料金が無料だったり、短期で学べるスクール、社会人・大学生・初心者にそれぞれおすすめのスクールを比較しながら書いています。

Pythonをスクールで学びたいあなたはぜひ以下の内容を参考にしてください。

人気のPythonスクールを徹底比較

Pythonが学べる人気のプログラミングスクールを以下で比較します!<スライド可能>

スクール名 学習スタイル 料金 1ヶ月あたり料金 受講期間 スクレイピング データ分析 AI(人工知能)
Aidemy オンライン 480,000円(3ヶ月)~ 160,000円 3ヶ月から
テックキャンプ オンライン&通学 162,800円(1ヶ月)~ 162,800円 1ヶ月から  –
侍エンジニア塾 オンライン&通学 197,800円(1ヶ月)~ 197,800円 1ヶ月から  –
.Pro オンライン&通学 498,000円(6ヶ月) 166000円 6ヶ月間
テックアカデミー オンライン 139,000円(1ヶ月)~ 139,000円 1ヶ月から
PyQ オンライン 3,040円/月~ 3,040円  –
データミックス オンライン&通学 700,000円(6ヵ月)※データサイエンティスト育成コース 116666円 6ヶ月間
Udemy オンライン 1,500円/1コース~  –  –
Dive Into Code オンライン&通学 979,819円(4ヶ月)※機械学習エンジニアコース 244,954円 4ヶ月間

【おすすめ】Pythonオンラインスクールランキング

まずは、Pythonを教えているプログラミングスクール、なかでもオンライン上で学習可能なものを9つ紹介します。

テックアカデミー

テックアカデミー

Pythonが学べるおすすめのスクールは、テックアカデミーです。

チャットによる質問は夜の23時まで対応しており、土日も対応しているので忙しい社会人も学習しやすいです。

テックアカデミーでは、Pythonコースが用意されています。このコースでは、Pythonのプログラミングのほかに、機械学習の基礎についても併せて学習して、実践的な課題に取り組む形でスキルを身に着けていきます。

また、テックアカデミーではいくつかのコースをセットで受講できるセット割を提供しており、Python+AI+データサイエンスコースは、画像認識、クラスタリング、住宅価格予測といった、より高度な技術についてお得に学ぶことができます。

⇒テックアカデミー 公式サイトはこちら

Aidemy(アイデミー)

aidemy

Aidemyは、オンラインによるプログラミングスクールです。主にPython、AIの分野について特化しているのが特徴です。

学習内容は、Pythonによるプログラミングをベースとして、画像認識やデータ分析といった、AI・機械学習に関わる諸分野について、その仕組みについての授業、Pythonを使ったプログラムの作成を行います。その他にも、AIを利用したマーケティング手法といったように、ビジネス職についている人向けの授業が用意されているなど、AIについては網羅的に用意されているのが特徴です。

オンラインで学習するため、チャットは24時間対応しています。日中忙しい人は夜の時間帯で勉強することも可能です。そのほか、メンタリングや転職相談なども受け付けています。

⇒Aidemy 公式サイトはこちら

PyQ

pyq

3つ目のおすすめスクールはPyQです。読んで字の如く、Pythonを専門で取り扱っているオンライン学習サービスです。

PyQは、ブラウザ上でPythonのプログラミングができ、環境構築の手間を省けるのが特徴です。プログラミングの勉強でありがちな、環境構築のミスを取っ払い気軽にPythonの勉強を始めることができます。

PyQでは、Pythonのコースがいくつか存在し、プログラミング未経験が一から学ぶためのコース、Pythonでプログラムが書けるようになったらデータ分析コース、機械学習コース、統計分析コースでより応用的な課題に挑戦できます。

そのほか、さまざまなライブラリを使った課題が多数用意されており、Pythonのプログラミングスキルが確実に身につくこと間違いなしです。

⇒PyQ 公式サイトはこちら

Udemy

udemy

4つ目はUdemyです。

Udemyは、さまざまなジャンルのコースを揃えているオンライン学習サービスです。その数は10万コースにも及びます。プログラミングに限らず、デザインやマーケティング、そのほかビジネスに関わるスキルについて非常に幅広く、オンライン学習サービス全体で見ても、最大級のサービスと言えます。

もちろん、Pythonが学習できるコースも用意されています。これについても、ただPythonについて学習できるのではなく、あるテーマに沿って(人工知能、機械学習、Webスクレイピングなど)Pythonを学習していく形式のものが多いです。

⇒Udemy 公式サイトはこちら

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

5つ目のPythonおすすめスクールが、侍エンジニア塾です。渋谷に教室を構えておりますが、オンラインによる学習も受け付けています。

侍エンジニア塾の授業の特徴は、オリジナルのWebサービス開発です。通常のプログラミングスクールでは、カリキュラムとして定められているサービス開発であり、オリジナルではないので、転職する際の実績としてアピールすることができません。しかし、侍エンジニア塾では、サービスの企画から受講者自身で行い、オリジナルのサービス開発をすることができ、転職時にその実績をアピールできます。

学習内容について見てみると、AIコースでPython、自然言語処理、画像解析について学習できます。もちろん、それらの技術を用いてオリジナルサービスの開発ができ、実績を作ることができます。

⇒侍エンジニア塾 公式サイトはこちら

データミックス

datamix

6つ目のPythonおすすめスクールが、データミックスです。データミックスは、データサイエンティストを目指す人のためのプログラミングスクールです。

データミックスでは、通学形式による講義を行っていましたが、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大による対策で、オンラインによる授業を対応可能にしました。2020年の4月よりスタートします。ただし、4月からの受講応募はすでに終わっておりますのでご注意ください。

このスクールの「データサイエンティスト育成コース」では、データサイエンティストとして必要とされるスキルを総合的に身につけるためのカリキュラムが組まれています。そのなかで、Pythonを利用した機械学習について学びます。その他、Rというプログラミング言語や、ディープラーニング、自然言語処理といった技術を学び、後半は実戦形式の課題演習に取り組みます。

⇒データミックス 公式サイトはこちら

テックキャンプ

テックキャンプ

7つ目は、テックキャンプです。

テックキャンプでは、受講者ごとにパーソナルメンターがつきます。日々の学習進捗や学習するうえでの相談を受け付けることで、学習の継続を断念する事態を防いでくれます。

学習内容について見てみると、AI入門コースではPythonによるプログラミングの基礎から応用、加えて人工知能の仕組みの理解、データ解析の手法といったように、機械学習にまつわるさまざまな知識を、じっさいにプログラムを作成することで身につけていきます。

AIアプリ開発コースになると、AI分野で利用されるAPIを使ったプログラミング、チャットボットや予測モデル作成など、より高度な技術について学んでいきます。

⇒テックキャンプ 公式サイトはこちら

.Pro

.pro

最後のPythonおすすめスクールが、.Proです。.Proは、東京の渋谷に教室を構えるプログラミングスクールです。

通常は、少人数制による講義を行っていますが、講義、課題を遂行するうえで生じた問題点はオンライン上で講師に質問をすることができます。講義時間外でも対応しているため、学習を円滑に進めることができます。

.Proには、Pythonを学習できる「Pythonコース」が用意されています。このコースでは、Pythonによるプログラミングの基礎とそのライブラリの使い方を学び、併せてAIや機械学習についても学んでいきます。また、ただプログラミングスキルを習得するのではなく、受講者でチームを作り開発に臨むことで、コミュニケーションスキルも鍛えることができ、本来エンジニアが持つべき能力を総合的に培うことができるのが、.Proの強みです。

⇒.Pro 公式サイトはこちら

Pythonが通学(オフライン)で学べるおすすめスクール

続いて、通学型のプログラミングスクールについて、3つ紹介します。

Dive Into Code

diveintocode

1つ目の通学型 Pythonおすすめスクールは、Dive Into Codeです。Dive Into Codeは、東京の渋谷に教室があります。

エンジニアとして必須な問題解決力、チームでのディスカッション、プログラミングを通してのコミュニケーションスキル、就職サポートを軸にした授業を展開します。

Dive Into Codeでは、機械学習エンジニアになるためのコース「機械学習エンジニアコース」が用意されています。まず事前学習では、Pythonや機械学習の内容や数学について学び、基礎を固めます。続く本コースでは、本格的に機械学習について、実際にプログラムを作成しながら理解していきます。

⇒Dive Into Code 公式サイトはこちら

データミックス

datamix

2つ目は、データミックスです。オンラインスクールの箇所でも紹介しました。

新型コロナウイルスの対策で、オンラインによる授業に対応しましたが、もともとは東京の神保町にある教室に通って授業を受けるものでした。

授業内容も先程述べたような内容で、データサイエンティストとしてのスキルを身につけるためのカリキュラムが組まれておりPython以外にも、Rというプログラミング言語を使って、機械学習、ディープラーニング、自然言語処理を学び、後半は実戦的な課題に挑戦します。

⇒データミックス 公式サイトはこちら

.Pro

.pro

3つ目は、.Proです。オンラインスクールの部分でも紹介しましたね。

先程紹介したように、東京の渋谷に教室があり、そこに通学する形となります。通常の授業は、学習の熟度別に振り分けた少人数制による講義を行っております。また、チームによる開発を行うことで、コミュニケーションスキルを高めることに重点を置いているのもこのスクールの特徴です。

オフラインの場合でもオンラインと学習内容は変わらずPythonコースを受講することで、PythonのプログラミングスキルやAIに関わる知識を学ぶことができます。

⇒.Pro 公式サイトはこちら

社会人におすすめのPythonスクール

もし、社会人であればTechAcademyをおすすめします。

テックアカデミー

一番の理由はオンライン学習におけるチャットの対応日時です。社会人ともなれば、日中は仕事があるので時間をとることが難しいですよね。そうなると、必然的に夜、または土日に勉強することになります。TechAcademyであれば、夜の23時までチャットによる質問などを受け付けていますし、土日も対応しているので学習しやすいです。

また、TechAcademyでは転職のサポートも行っています。特に、学習状況が企業などに共有される仕組みとなっており、実績のアピールに直接つながるため、学習の時間と転職活動の時間とで別々の時間を費やさずに済むのが大きな特徴で、忙しい社会人にとって最大のメリットと言えるでしょう。

⇒TechAcademy 公式サイトはこちら

大学生におすすめのPythonスクール

一方、大学生の人はUdemyを利用するのをおすすめします。

udemy

Udemyは、動画による解説を主としており教材費もかからないためか、ほかのプログラミングスクール、プログラミング学習サービスよりも受講料金が安めなのが特徴です。

先程述べたように、Pythonだけで絞っても数十のコースが存在しており、単なるPythonの講座に留まらず、とあるテーマに沿って、Pythonを用いてプログラミングしながら理解していくものが数多くあります。

転職するうえでは、Pythonのプログラミングスキルだけを身につけるより、転職したい分野で関わる技術も一緒に勉強できるコースを選ぶことをおすすめします。AIの研究に関わりたければ、人工知能や機械学習が一緒に学べるコースといった感じですね。

⇒Udemy 公式サイトはこちら

Pythonが無料で学べるスクール

Pythonが無料で学べるのはProgate(プロゲート)です。

progate

Progateはプログラミングのオンライン学習サイトです。会員登録すればPythonが無料で学べます。

とは言っても無料で学べる範囲は初歩的な部分だけですし、少し発展的な内容を学びたいと思ったら月額有料会員にならないと学べません。(月額料金:980円)

まだプログラミングをやったことがない人は、Progateの無料会員としてPythonを触ってみるのはいいと思います。学習が続けられそうと思ったら、有料会員になったり、他のプログラミングスクールで学習する、という流れがおすすめです。

⇒Progate 公式サイトはこちら

料金が安いPythonスクール

プログラミングの学習となれば、お金がかかります。受講料金をなるべく抑えたいと考えている人は、以下の2つのスクール・サービスを利用するのをおすすめします。

Udemy

udemy

大学生におすすめのサービスとしても紹介しました、Udemyです。

先程述べたように、Udemyはオンライン学習サービスとしては比較的安めの価格で学習することができます。ピンからキリまで幅広いですが、およそ1万から2万円前後といったところです。また、新規受講生に対する割引サービスも行っていることがあり、そのときは割引価格で受講できます。

Udemyでは、教える側の人が独自にカリキュラムを考えて講座を開講することができます。言い換えると、Udemyは受講者と講師のマッチングサービスといえます。Udemyで教えている講師は、大学の教授や研究員、ベンチャー企業勤務の人が多いです。

また、コースごとにレビューが記録されており、コースの質を確認することができるので誤って受講してしまうという事態を避けることもできます。

⇒Udemy 公式サイトはこちら

テックキャンプ

テックキャンプ

Udemyはオンライン学習サービスとして、おすすめしました。一方、通学形式のプログラミングスクールでおすすめなのはテックキャンプです。

通学形式のプログラミングスクールは、オンライン形式よりも値段が高めです。ですが、そのなかでもテックキャンプは、入会費用198,000円と月額19,800円で比較的安価の部類に入ります。

テックキャンプが開いている教室も比較的多く、東京だけでも4教室、そのほか名古屋と大阪に1教室ずつ構えております。平日は16時から22時、土日祝日も13時から19時まで開いているので、日中忙しい人でも夜間や休日を利用した学習ができます。

そのほか、全額返金保証も行っており、受講内容が合わないなと思ったとき、受講開始から7日以内であれば全額返金することが可能です。

⇒テックキャンプ 公式サイトはこちら

初心者へのサポートが手厚いPythonスクール

初心者に対するサポートが手厚いスクールで学習したいという人は、Dive Into Codeがおすすめです。

diveintocode

Dive Into Codeは、転職成功を最終ゴールと定めて、そこから逆算して短期間で学習するためのカリキュラムが組まれています。まず、事前学習としてPython、数学といった機械学習の基礎となる部分を学びます。続いて、機械学習のアルゴリズムを一からプログラミングすることで理解していきます。次に、ディープラーニングの学習をして最終課題として、あらゆる技術を自信で理解しながら実務に近いプロジェクト実習を行います。

その後の転職活動では、面接の練習や履歴書、職務経歴書の添削などのサポートも欠かさずひてくれます。

⇒Dive Into Code 公式サイトはこちら

スクレイピングが学べるおすすめPythonスクール

スクレイピングだけ学びたければ、Udemyで学習するのがおすすめです。

udemy

スクレイピングとは、Webページから必要な情報を手に入れて、その情報を加工して新たな情報を作り出す技術のことです。この技術は広く応用されていおり、勉強する価値アリです。

Udemyでは、スクレイピングについて学習できるコースが多数用意されています。自動ログイン、テキストの抽出といったことができたり、通販サイトの最低価格を比較するアプリを作成したり、講座ごとに取得できる技術は様々です。これらのコースは1万前後から2万前後の価格で受講できるものが多いです。

また、スクレイピングを学ぶための前提知識を固めるため、Pythonの入門編、基礎編と謳っているコースを併せて学習すると、理解が早くなるのでおすすめです。

⇒Udemy 公式サイトはこちら

データ分析/機械学習・AIが学べるおすすめPythonスクール

Pythonは、AIや機械学習の分野で多く利用されています。そのため、Pythonと一緒にAIや機械学習について勉強できるスクールも多く用意されています。そのなかでも、Aidemyは、AIや機械学習を学ぶのにおすすめです。

aidemy

Aidemyでは、AIについて学べる4つのコースを用意しています。1つ目はAIアプリ開発コースで、ディープラーニングによる画像認識をWebサービス開発しながら学習できます。

2つ目はデータ分析コースで、Pythonの諸ライブラリを用いてスクレイピング、時系列解析といった技術が学べます。

3つ目は自然言語処理コースで、機械学習やディープラーニングを用いてTwitterのデータから会社の株価予測を行う課題に挑戦できます。

4つ目はLINEチャットボット開発コースで画像認識の技術を利用してLINEチャットボットを作成します。

このように、AidemyではPythonを利用しながら実用的なAIの知識を合わせて学習できます。

⇒Aidemy 公式サイトはこちら