ここでは、プログラミング言語の一つであるPythonについて、独学で学習可能なのかについて、また独学においての効率的な学習方法やメリット、デメリットについて解説しています。

この記事を読めば、Pythonを独学で学習することが可能なのか、またどのように学習すれば効率的にPythonの知識を身につけることができるのかについて、把握できます。

Pythonに興味があり勉強してみたいと思ってはいるものの、独学で学習が可能であるかどうか、考えあぐねているのであれば、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

Pythonは独学で学べる?

結論から言いますと、Pythonは独学で学ぶことが可能です。

インターネットの発達した現代社会においては、Web上で星の数ほどの情報であふれかえっています。そして、Pythonに関する情報についても、オンライン教材が充実していますので、ネットで検索すれば情報を得ることができます。これが独学可能な理由の一つです。

具体的な内容についても、Pythonの基礎的な内容のほかに、Pythonを利用したスクレイピング、自動データ処理・分析、Webアプリの開発など幅広く、それらを読み込んで実践する努力をすれば、十分な技術力を身につけることができます。

ただし、AIや機械学習については独学で覚えようとすると時間を要してしまう可能性があります。というのも、AIや機械学習を学ぶための前提知識として、微分積分といった数学の知識が必要で、さらにAIや機械学習のアルゴリズム自体も簡単に身につくものではないからです。

独学期間の目安は?

独学する際に、どのくらいの期間が必要になるかは、どの程度知識を身につけるかという目標によって変わってきます。したがって、目標ごとに独学期間の目安について説明します。

まずは、エンジニアとして就職することを目標とした場合です。この場合は、Pythonの基礎学習から始まり、各種技術について実装できるレベルまで達するのに、200時間前後が目安としてかかります。

まず、オンライン学習サイトの教材に目を通しながら、Pythonの基礎力を身につけるのにおよそ50時間、さらにそこから実践を通して理解を深めていくのに100時間以上を費やすことになります。

さらに、自分のサービスを開発できるようになるまでには、各種専門技術などの勉強時間が重なり、最低でも100時間以上を必要とします。

Pythonの独学、おすすめのやり方は「学習サイト」

Pythonを独学で勉強するのであれば、オンライン学習サイトを利用するのがおすすめです。

理由は3つ。初心者向けに作られていること、体系的に作られていること、実際にコードを書きながら勉強できることです。また、有料のサイトであっても月々1000円前後という価格で始められるところが多く、費用を抑えたプログラミング学習が可能となります。

ここからは、おすすめのオンライン学習サイトを4つ紹介します。

Progate

1つ目は、Progateです。

Progate最大の特徴は、環境構築が不要ということです。つまり、ブラウザがあればブラウザ上でコードを記述することが可能です。環境構築は、プログラミング初心者がつまづきやすいポイントでもあるので、初心者に易しいものになっています。

掲載されているプログラミング言語は幅広いことも特徴的で、もちろんPythonも掲載されております。内容については、関数やモジュール、クラスといった基礎的な内容が中心となります。

Progateは月々980円支払うことで、有料レッスンも読めるようになります。

ドットインストール

2つ目は、ドットインストールです。

3分の動画による解説が特徴で、その動画数は5000を超えており業界でも最大級の規模を誇っています。ほぼすべてのプログラミング言語の解説が掲載されております。

pythonも掲載されており、こちらも基礎的な内容が中心となっています。

ドットインストールは初心者向けのレッスン・動画について無料で利用可能ですが、月々980円支払うことで中級者向け、上級者向けのレッスンも利用可能となります。

PyQ

3つ目は、PyQです。「Py」と名がついているように、Pythonに特化したオンライン学習サイトとなっています。

こちらも、環境構築の必要がなくブラウザ上でプログラミングの実践が可能なのが特徴です。

また、Pythonに特化しているので内容も基礎的な内容に留まらず、Webアプリの開発や、機械学習、データ処理、スクレイピングといった応用的な内容について、幅広くカバーしています。

料金は、個人ライトプランで月々3,040円、個人スタンダードプランで月々8,130円となります。

Udemy

4つ目は、Udemyです。

Udemyは、講師側がレッスンなどを組んで公開しており、それを受講者が検索して利用できるシステムとなっております。講師と受講者のマッチングサービスと言っても良いですね。

数多くの講師がレッスンを開講しており、Pythonについても幅広くカバーしています。基礎編や入門編だけでも複数レッスンがあり、Web開発、機械学習、データ処理など、Pythonでできることについては、ほぼ網羅されているといってよいでしょう。

レッスンごとに料金が設定されており、1,000円から2,000円で利用可能となっています。

Pythonを独学で覚えるメリット・デメリット

ここからは、独学でPythonを覚えるメリットやデメリットについて説明します。

メリット

まず、独学のメリットとしてお金がかからないという点が挙げられます。

オンライン学習サイトを利用したり、書籍を1、2冊購入すれば、それだけで勉強可能です。プログラミングスクールでは、教室を利用するための費用や講師の人件費など、様々な費用がかかります。それと比べれば、お金を抑えられている独学スタイルは充分なメリットになります。

また、プログラミングスクールのように学習期間や時間が決められているわけではないので、自分のペースで学習できることもメリットとして挙げられます。

デメリット

独学のデメリットとして、不明点が出たときに相談できる人がいないという点が挙げられます。

基本的に一人で学習していくことになりますが、もし自分では解決できない不明点が上がったときに、すぐに解決できないのがネックとなります。しかし、まったく質問できないわけではありません。学習サイトによっては、質問ができ、また、プログラミングに関するコミュニティや、SNSなどで質問することが可能です。

また、マスターするまでに時間がかかるという点も挙げられます。プログラミングスクールに通っていれば、講師の懇切丁寧な説明、初心者向けに作られた教材によって早急にわかりやすく理解できます。それと比較すると、一人で読み、理解していくのは時間がかかってしまうのが現実です。

Pythonを効率的に学ぶならプログラミングスクールがおすすめ

結論からいうと、Pythonを効率的に学ぶのであれば、プログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

プログラミングスクールを利用すれば、分からないときにすぐに講師に相談することができますし、また、現役エンジニアが講師をしているのであれば、実務レベルに匹敵するアドバイスももらうことができます。

一方で、独学とは違い、料金がかかってしまうのがプログラミングスクールを利用するうえでのデメリットとなります。しかし、見方を変えれば、お金をかけている分、それがモチベーションの維持にもつながっていきます。

したがって、独学よりプログラミングスクールを利用したほうが、効率的にPythonを学習することができます。Pythonが学べるおすすめのスクールはこちらをご参考ください↓

Pythonスクールおすすめ比較!【無料あり】